ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


お知らせ

 

下記内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(サービスの変更、組織変更など)がありますのでご了承ください。

韓国半導体市場において、電子材料製品の拡販を強化!
富士フイルム エレクトロニクスマテリアルズ 韓国・天安市に新会社を設立

2012年3月1日

富士フイルム エレクトロニクスマテリアルズ株式会社

富士フイルム エレクトロニクスマテリアルズ株式会社(社長 石川 隆利、以下FFEM)は、電子産業向け材料事業のグローバルな拡大策の一貫として、韓国の半導体市場における電子材料の製造のための新会社を本日設立いたしました。

新会社は、1976年に創業しディスプレイ材料などの事業を手掛ける化学メーカーexax(エグザクス)社(本社:韓国・慶尚北道)との合弁会社で、exax社が持つ土地・建物・設備を有効活用し、韓国の大手半導体メーカーに対し、富士フイルムの独自技術を応用した最先端の半導体製造工程に対応する現像液やCMPスラリー、クリーナーなど電子材料製品の供給を進めていきます。

アジアの半導体市場は、リーマンショック後も高い成長を続けています。中でも韓国市場はアジア半導体市場での存在感をさらに増しており、今後も高い成長が見込まれています。今回の製造子会社設立により、デリバリーの効率化や顧客ニーズへの対応力を高め、さらなる顧客満足度の向上を図ります。

<韓国新会社の概要>
会社名FUJIFILM Electronic Materials Manufacturing Korea Co., Ltd.
所在地韓国忠清南道天安市西北区2工団7路55(業成洞)
代表者石川 隆利 (富士フイルム株式会社 執行役員 エレクトロニクスマテリアルズ事業部長)
事業内容半導体向け電子材料製品 (現像液、CMPスラリー、クリーナーなど)の製造
資本金230億ウォン
出資比率FFEM : 77%、
FUJIFILM Electronic Materials Taiwan Co., Ltd. : 23%
(exax社は5%の出資権を保有)

本件に関するお問い合わせは、下記にお願いします。

  • 富士フイルム エレクトロニクスマテリアルズ株式会社
  • 総務部  TEL : 03-3406-6914
ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る